· 

河北新報に掲載されました

6/20の河北新報の「女性のページ +W」で発酵食についてのお話とレシピが掲載されました。

 

塩麹や甘酒などの発酵調味料を「特別な調味料」と意識せずに、普段の食事調での塩や砂糖の感覚で使ったり、漬け床として使うなどというように使ってもらえればいいと思います。

 

発酵調味料を使う事で、食材が身体に負担をかけにくいものに変わるし、食材の旨味を引き出してくれるのでより一層美味しくなるという技も兼ね備えているんです。

 

せっかくなので、掲載されたレシピをブログでも紹介しますね。

 

相変わらずの混ぜるだけレシピですが、重宝します(笑)

 

 

【ねぎ塩麹だれ】

・長ネギ・・・1本(みじん切り)

・鶏がらスープの素・・・大さじ1

・塩麹・・・大さじ1

・ごま油・・・大さじ2

・いりごま・・・大さじ1

・おろしにんにく・・・小さじ1/2

 

 

はい、混ぜるだけです。

 

このレシピで注意して欲しいのは、市販の塩麹を使う場合は塩麹の量は調整してくださいね。

 

あくまでも講座でお伝えしている塩麹レシピでの分量なので~!

 

あとは、お好みで微調整を忘れずに!

 

いつも講座でもお話しているように、一応レシピはあるけれどあくまでも目安。お好みで調整を!という事です。

 

このねぎ塩麹だれ、豚肉を漬けてから焼いて追いだれすることで某コンビニのお弁当のようにもなるし、シラスをいれて冷や奴にのせても美味しい。

塩焼きそばも出来ちゃう。

 

そう、なんにでも使ってみて欲しいです。

 

 

では、次回はもうひとつの掲載レシピの「納豆冷や汁」を紹介しますね!

 

あ~、今までそういうのに掲載されたレシピを少しずつ紹介すればいいのね!

 

そして今日は仙台リビングの取材がありました~。

こちらは6月26日号になりますので、是非GETして見てみてくださいねん。