· 

自家製レトルト

残ったカレーなどはどう保存してます?

 

温め直して食べるものにオススメな私の保存方法はジップロック。

 

タッパーなどに入れるのもいいけど、温め直す時に鍋に入れて・・・でも汁が少ないとちゃんと中まで温まっていない!なんてことありません?

 

あとはカレーとかね。

特に2〜3人分くらいの量を何度も温め直していると鍋にこびり付きやすくなっちゃいますよね?

そんな時にはジップロックを使うと結構それが解消されちゃう。

 

一人分とかで1度で封を開けてしまうなら高密度のポリエチレンの袋がいいのですが、微妙な量の時には私はジップロックがいいかなと思うんです。

 

ジップロックならおでんのスープは少なめでもOK!

ここでのポイントは『ジップロック』を使うこと。

 

なぜならジップロックの耐熱温度は100度だから沸騰したお湯でもちゃんと耐えられるんです。

 

メーカーによっては100度じゃないものも結構あるので、耐熱温度が100度なら大丈夫!

 

これを鍋に入れて温め直すのですが、ジップロックの耐熱温度は100度。鍋底に袋がついてしまうと袋が破れます。

お皿を下に敷くとかあるのですが・・・お皿だと沸騰している間ってお皿がガタガタ・・・結構うるさいのね。

 

なので足つき?(ちょっと高さがついている)ザルを使うといいのです。

 

そしてザルがすっぽり入る深めの鍋に入れて、ザルの中にジップロックごと入れて温めれば、鍋底につくことも無く安心して温められます。

 

残りはこのままジップロックに入れてお湯の中に入れておけば、余熱で温まるので少しの時間差で食卓に出す時も便利です。

 

あ、お鍋を洗う手間も省けますね。

 

カレーなどは残ったらジップロックに入れて平らにして冷凍すればいいし、食べたい時には前日から冷蔵庫で解凍して温めはこのようにすると自家製レトルトパックの完成!

 

残りものじゃ無くても、時間がある時にカレーなどを作って一人分ずつ冷凍しておけば、忙しい時にも温めるだけでいつものカレーが食べられちゃいますよ。

 

同じ温めるだけのものでも家族にも市販のレトルトを食べさせるよりも喜ばれますよ〜。